DESIGN

ホテル・エルファロ

ONAGAWA × OUTDOOR × LIVING

ホテル・エルファロ

町を楽しみ、ホテルでくつろぐ

宮城県の太平洋沿岸に位置する女川町は、行政・地域住民・外部支援者が協力し合い、迅速かつ都市デザインにも配慮した復興まちづくりを進めており、「復興のトップランナー」と呼ばれているエリアです。そんな女川町のなかで、ホテル・エルファロは、東日本大震災で被災した4事業者が協働組合という形をとり、2011年にオープンさせた宿泊施設でした。当時、区画整理による今後の土地利用が未確定なことから、将来的な移転を見据えてトレーラーハウスで営業を始めました。

2015年3月に女川駅が開通した後、駅前に移転・リニューアルオープンすることが決まり、新たに立てたコンセプトが〈女川・アウトドア・リビング〉です。

ホテル・エルファロ

イメージパース

トレーラーハウスという接地性を活かし、女川の自然や育まれてきた営みをサービス・価値・体験として組み合わせ、この場所にしかない宿泊体験を提供するため、外部空間を積極的に利用できるような配置計画としています。

ホテル・エルファロ

配置計画図

ホテル・エルファロ

女川駅方面から見る

ホテル・エルファロ

各宿泊棟の前に用意した大・小、様々なの溜まりの空間

ホテル・エルファロ

(株)泉緑化の協力のもと、エスビック株式会社から寄贈されたレンガによる〈ボーダー広場〉

ホテル・エルファロ

様々な方向の客室へ案内できるようサイン計画も工夫した

ホテル・エルファロ

フロント棟やレストラン棟で囲まれた〈パルケ〉

ホテル・エルファロ

駐車場からの眺め、来訪者を迎え入れる空間になっている

ホテル・エルファロ

夜、到着した宿泊客を暖かく照らす

最後に、今回は様々な事由から関係者協議を重ね、ジャッキを利用した独立基礎を打つことで、トレーラーハウスを建築物として設置しています。これからの日本において、災害時や復興期におけるトレーラーハウスの可能性は大きく、そのモビリティをどのように確保できるのかといった検討・知見の共有が必要であり、本プロジェクトはその好事例と言えるでしょう。

ホテル・エルファロ
所在地:宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原107-3
用途:ホテル
敷地面積:7324.11㎡
建築面積:1554.91㎡
延床面積:1421.47㎡
規模:地上1階
構造:木造・トレーラーハウス
竣工:2017年8月
施工:株式会社橋本店 + カンバーランドジャパン(トレーラーハウス移設)
構造設計:有限会社 NEO・建築構造
設計:株式会社飯田善彦建築工房+有限会社アトリエU都市・地域空間計画室+風景屋ELTAS+合同会社モノコトビト+she|design & research office
写真:she|design & research office
その他:ホテル・エルファロ HP:http://hotel-elfaro.com

other DESIGN

小島集会所
漁村集落において、人の集まり方を考える
HOUSE f
生活の〈質〉をデザインする
石巻市復興まちづくり情報交流館 雄勝館
復興整備中の仮拠点に〈トレーラーハウス〉で居場所をつくる
桑浜総合センター
土間を囲み多様な集まり方をつくる